住宅ローンの頭金とは?マイホーム購入にはいくら必要?

ず、ずきん……?う~ん、この漢字ってなんて読むんだろう?

なになに、どうしたのたく夫?防災ずきんでもいるの?

えっとねすみ子ちゃん、『頭金』ってなんだろうって考えていたんだ。あたまかね?ズキン?

もう、そんなこと。それは「あたまきん」って読むのよ。そんなに難しいことじゃないでしょ。車を買ったりする時にも払ったわよ。

頭金ってこういう漢字なんだ。聞いたことはあったよ。なんだかわからないけど、お金を払わないといけないんだよね。

ふむふむ。頭金という言葉はよく使われるが、その仕組や支払いの理由については詳しく知らない人も少なくなさそうじゃのう。

スポンサーリンク

頭金とは何だろう?

マイホームの購入の際に、貯金から支払うお金のことを頭金と呼ぶのじゃ。つまり、住宅ローンで借りたお金と頭金を合わせて家を購入することになるぞ。

例えば3000万円の住宅を購入する際に頭金を300万円出したとすると、住宅ローンは2700万円借りることになるのお。

頭金の金額は自由に決めることができるぞ。貯金がたくさんあれば頭金を多めに出してもよいし、他にお金の使いみちがあれば頭金を少なくすることも出来る。

信用を得るためのお金

頭金ってどうして必要なんですか?住宅ローンだけで家を買うつもりだったんですけど。

頭金を出すのは、一般的にローンを組んで購入するような大きなお買い物の際じゃ。頭金とは、信用を得るために出すお金と考えよう。

頭金をたくさん出せるということは、収入の多さや堅実さの証明になるのじゃ。お金を貸し出す銀行の立場になって考えれば、頭金の多い人の方が信用ができるじゃろう?

確かにそうですね。しっかりお金を貯金できる人なら、ちゃんと返済もしてくれそうです。

まったく貯金の無いお金のルーズな人に何千万円もの大金は貸せませんね。

銀行は収入の良し悪し以上に、安定性や堅実性を重視するぞ。収入が多くなくても信頼性の高い公務員はローンを組みやすいと言われておる。

高収入でも収支が不安定な個人事業主の場合は、頭金を多めに準備するなど対策が必要じゃ。

借入額を減らすことが出来る

続いては、ちょっと現実的な話になるぞ。頭金を多めに用意できれば、借入額を減らすことが出来る。

例えば3000万円の住宅を購入する際に、頭金が300万円の場合は住宅ローンが2700万円じゃな。そこで頭金を500万円にすれば住宅ローンを2500万円に抑えられるのじゃ。

貯金から多くお金をだせば、借りるお金が減りますね。

収入に対して借入額が多すぎると審査が通らない場合があるぞ。そんな時は、頭金を増やすことで解決できるかもしれん。

利子・諸費用を減らすことが出来る

頭金を増やすことで、住宅ローンの返済時おの利子を減らすことができるぞ。

さらに、住宅ローンを借りる際に支払う諸費用も減らせるぞ。住宅ローンの諸費用は借入額に応じて増減するからのお。

住宅ローンの借入額が減るので、支払い利子も減らせるのですね。

プラン1 プラン2
借入額 2500万円 2700万円
返済期間 25年
金利 1.5%
毎月返済額 99,984円 107,983円
総返済額 29,995,200円 32,394,900円

25年返済、1.5%の住宅ローンを、2500万円と2700万円で借りた場合の比較じゃ。

毎月返済額は約8000円、総返済額は約240万円の差額になりますね。頭金が200万円なので、利子が40万円違うということになります。

結構大きな差よね。借入額が200万円違うと、諸費用も数万円変わってくるわ。

返済期間を短く出来る

頭金を多く用意することで、返済期間を短縮することもできるぞ。はやめに返済すれば利子も減らせるのお。

先程の例で毎月返済額を同等にすると、2500万円の借入額の場合は23年ほどで返済が完了するぞ。そして利子は80万円もお得になる結果になった。

返済期間を短縮すると利子を大きく減らすことができるわね。

貯金を溜めるのは大変ですが、できるだけ頑張りたいです。

頭金はどれくらい必要?

頭金の金額は自由とおっしゃいましたけど、どうやって金額を決めればいいのでしょう。

可能であれば頭金0円で借りれれば理想ですが……!

頭金の金額は人それぞれ……と言いたいところじゃが、あえて目安を言うならば住宅価格の1割以上じゃ。

頭金が0円というのも可能じゃが、あまりおすすめはしないぞ。住宅ローンの借入時には諸費用がかかることも忘れてはならんぞ。マイホームの購入時には住宅価格の2~3割の自己資金があることと理想じゃ。

住宅価格の1割以上が目安

一般的な住宅ローンでは、頭金を1割以上用意するように求めておるぞ。

頭金が1割未満でも住宅ローンを組むことはできるが、金利が引き上げられることが多いぞ。公式サイトに掲載されている金利は基本的には頭金1割が前提となっておる。

頭金が少ないと金利が高くなっちゃうのですね。

金利が上がると、返済額が高くなるわ。頭金1割はしっかり貯めておきたいわね。

頭金0でも借りれる?

どうしても頭金が出せない場合は、住宅ローンを組めないのでしょうか?マイホームは諦めないといけませんか?

まてまて、たく夫。そんなことはないぞ。先程も申したが、頭金が1割未満の場合は金利が上がるが、それで良ければ住宅ローンを組むことはできる。

もし頭金が0円ならば、全額住宅ローンで支払うという方法もあるのじゃ。

そ、そうなんですね。頭金0でも家を買うことが出来るんですね!

頭金が少なければ、借入額が多くなるので、返済が大変になることは覚悟せねばならんぞ。収入と借入額が釣り合わない場合は、審査に落ちる可能性もあるので覚悟しておこう。

住宅ローンを借りる際には、諸費用の支払いも忘れてはいけないわ。頭金が0でも、諸費用の分は貯金からださなければいけないわよ。

ち、ちなみに、諸費用も含めて借りることはできますか……?

銀行によってはそういうプランもあるのお。諸費用を含む、住宅購入費を全てローンで賄うことも可能じゃ。ただし、銀行によってローンの対象範囲は違うのでしっかり調べておこう。

あえて頭金を抑える必要はある?

ちょっと気になったことがあるのですが、貯金がたくさんあった場合に、あえて頭金を出さないという選択肢はありますか?

難しい質問じゃな。基本的には、これまで説明したとおり、頭金を増やして借入額を減らすことで出費を抑えることが出来る。

ただし、近い将来に大きな出費があるとわかっている場合は、頭金を抑えて貯金を残すべきじゃ。

例えばこどもの教育費などじゃな。住宅ローンの金利はとても低く、教育ローンよりも安いのじゃ。無理に頭金を出して資金が尽き、教育ローンを借りることになっては本末転倒じゃ。

頭金のためとはいえ、貯金がスッカラカンになるのは恐いわね。冠婚葬祭など急な出費に対応できるようにある程度の蓄えは必要だわ。

引越し費用とか、新しい家に合わせた家具なんかも買いたいよね。せっかくの新居なんだからちょっとは贅沢がしたいよ。

住宅ローンの頭金を抑えて、余剰資金を株式運用などする方法もあるのじゃが……これはあまりおすすめしないぞ。

僕もネットで投資ブログを読んだりしますよ。住宅ローンの金利以上の利益を出せれば、資産運用に回したほうが賢いですよね。

確かに、理論上はそうなるのお。しかし、資産運用には絶対はないからのお。利益を得るどころか、損する可能性もあることを忘れてはならん。資産運用をする場合は、自己責任で行うことじゃな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク