住宅ローン2プランを比較シミュレーション

住宅ローン比較
プラン1 プラン2
借入額 万円 万円
金利 % %
借入期間
  • プラン1
  • 借入額 2000万円
  • 金利 0.5%
  • 20年返済
  • プラン2
  • 借入額 2000万円
  • 金利 0.5%
  • 20年返済
結果
毎月返済額 総返済額
プラン1 87,587円 21,020,880円
プラン2 87,587円 21,020,880円
差額 0円 0円

2つの住宅ローンプランを比較できる簡易シミュレーターじゃ。返済額、金利、借り入れ年数の3つの項目のみで簡単に比較できるぞ。

より正確にプランを比較する場合は、「保証料」「事務手数料」「登記費用」などの諸費用も計算してみてほしい。

2プランを比較

このシミュレーターを活用して、気になったプランを比較してみてほしい。変動金利と固定金利ではどれくらい差があるのか?借換と繰上返済はどちらが良いのか?など色々試してみよう!

新規借り入れの方は、こちらの住宅ローン比較シミュレーションも利用してほしい。全国の銀行プランを一括比較してくれる便利なシステムじゃ!

借換比較

現在借りている住宅ローンの条件と、新規住宅ローンプランの条件を比較してみてほしい。総費用の差額よりも借換費用が安くなりそうなら、借換すると良いぞ!

今は金利がとても安くなっているわ。住宅ローンプランの見直しをしましょう。

「10年固定」など固定期間が決まっているプランを借りている方も一度プランの見直しをしてみてほしい。固定期間が終了すると、割高な金利になってしまぞ。

金利の上がるリスクのある変動金利から、固定金利に借換するという方法もあるぞ。今は固定金利も非常に安くなっており、数年前の変動金利よりも低いのじゃ。

繰上返済と借換どっちがお得?

借換のためには数十万円の借換費用が必要となるぞ。あまり金利差がない場合は、繰上返済した方がお得になるかもしれん。

まずは、繰上返済後の総支払額と手数料を計算しよう。借換後の総支払額と借換費用を足したものと、どちらが安くなるか比較するのじゃ。

借換の場合も、審査があるぞ。年収や健康状態なども問われるので、準備が必要じゃ。繰上返済は手続きの手間がないというメリットもあるのお。

必ずしも借換をした方が良いというわけではないのですね。でも、借換で返済額を大きく下げることも可能ですので、試しにシミュレーションしてみると良いですよ!