12月住宅ローン金利予想!固定0.04%低下、変動据え置き

  • 変動金利:据え置き
  • 固定金利:0.04%低下
  • フラット35:0.02%低下

12月の住宅ローンは、固定金利が0.04%の低下と予想されておる。フラット35も0.02%ほどの低下になりそうじゃ。

変動金利は、10月に据え置きが決定したぞ(大手銀行)。次の更新月となる4月までは現在の水準が維持される見込みじゃ。ただし、ネット銀行では微調整が実施されることもあるので注意じゃ。

9月から続いていた金利の上昇がやっと止まりましたね。

2月・3月は引越し料金が高くなるしできれば避けたいよね。借入のタイミングは重要ですね。

スポンサーリンク

変動金利:据え置き

新規 借り換え
住信SBIネット銀行 0.447% 0.418%
じぶん銀行 0.457% 0.457%
みずほ銀行 0.525% 0.525%
三菱UFJ銀行 0.625% 0.625%

変動金利は新規では0.447%、借換では0.418%が国内最安値となっておる。住信SBIネット銀行やじぶん銀行といったネット銀行が安いのお。

大手銀行では、みずほ銀行が0.525%、三菱UFJ銀行が0.625%となっておる。12月も同水準が維持される見込みじゃ。

大手銀行では、毎年4月・10月を変動金利の更新月としています。更新月に定められた金利が半年間維持されます。

ただし、これはあくまで大手銀行の慣習となっているものであり、法律で定められているわけではありません。経済ニュースなどにより大幅な金利の変動があった場合は、更新月ではない月に金利が変わることもあります。

特にネット銀行では低金利でサービスを提供していることもあり、大手銀行よりも頻繁に金利の調整が行われます。

固定金利:0.04%低下

ソニー銀行住宅ローン金利
金利タイプ 期間 9月 10月 11月 12月
変動金利 0.457 0.457 0.457 0.457
固定金利 2年 0.833 0.834 0.838 0.817
3年 0.855 0.856 0.863 0.833
5年 0.961 0.962 0.974 0.931
7年 1.031 1.032 1.049 0.998
10年 1.07 1.06 1.1 1.1
15年 1.436 1.481 1.512 1.466
20年 1.578 1.62 1.659 1.617
20年超 1.701 1.744 1.787 1.748
  • 変動:変化なし
  • 5年:0.043%低下
  • 10年:変化なし
  • 20年:0.042%低下
  • 20年超:0.041%低下

ソニー銀行が12月の住宅ローン金利を発表したぞ。ソニー銀行は毎月15日ごろに翌月の金利を発表するのじゃ。どの銀行よりも早く情報が得られるぞ。

12月は全体的に0.04%ほどの低下となりそうじゃ。他の銀行も同様に引き下げが期待できるぞ。

来月は金利が下がりそうですね。借入のタイミングを考えている人は来月まで待った方が良さそうです。

住宅ローンの固定金利は長期国債と連動しておる。つまり、長期国債の動きをチェックしておけば翌月の固定金利が予想可能じゃ。

12月の固定金利は0.04%の低下となりそうじゃ。

上記画像は長期国債の推移グラフです。住宅ローンの固定金利は、前月の15日前後の長期国債を基準に定められています。12月の金利は11月15日前後の金利を元に決定されるということですね。

このため、前月15日の金利と、今月15日の金利の差分を測ることで来月の金利を予測することができます。

ただし、これはあくまで目安ですので、各銀行によって調整幅は異なります。

一般的に、ネット銀行は毎月、固定金利を細かく調整しておるのお。0.001%単位で更新する銀行もあるぞ。低金利で提供しているため、調整もシビアになっておるのじゃな。

大手銀行は、0.05%単位で更新する傾向にある。長期国債があまり変わらない場合は、変更しないということもあるぞ。大手銀行は顧客も多いので、なるべく金利を安定させておるのじゃな。

ただし、これはあくまで傾向であってすべての銀行がこれにあてはまるわけではないぞ。例えばイオン銀行は、キャンペーンを除くと金利をあまり変更しないのじゃ。

フラット35:0.02%低下

フラット35金利予想
金利(21年以上) 事務手数料
ARUHIスーパーフラット 1.29% 元金x2.2%
楽天銀行 1.39% 新規:元金×1.1%
借換:元金×0.99%
みずほ銀行 1.39% 元金×1.404%

12月フラット35は0.02%の低下を予想しておる。

全国展開している銀行では、ARUHIスーパーフラットが1.29%で最安値となっておるぞ。時点で楽天銀行など1.39%が最低金利水準じゃ。大手銀行ではみずほ銀行でも同様の金利じゃ。

ただし、事務手数料では楽天銀行が新規:元金×1.1%、借換:元金×0.99%と大きく差がある。総費用でどのプランが安くなるのか確認が必要じゃな。

ARUHIスーパーフラットは頭金が2割以上必要という制限がある代わりに、金利が安くなっているプランですね。事務手数料は各銀行でバラツキがありますね。

当サイトのトップページから、全国の住宅ローンプランを一括比較できるぞ。ぜひ活用してみてくれ!

住宅ローンの申込は年内に済まそう

もし、マイホームの購入が決まっており住宅ローンの借り入れを検討しているなら、年内に申込みを済ませておくことをオススメするぞ。

うーんでも、引越しはもう少し先を考えているんですよ。住宅ローンの申込みはもう少し後でも良いんじゃないですか?

いやいや、年が開けてしまうと住宅ローンの申込みが急増するのじゃ。手続きが遅くなったり、ゆっくりと計画を建てる時間もなくなってしまうぞ。それに、引越しシーズンには引越し費用がグンと上がってしまうのじゃ。

どうせ借りることは決めているし、早めに手続を済ませておいたほうが賢いわ。

手続きが遅くなる

日本の会社や学校は4月から新年度がはじまるのはご存知のとおりじゃ。このため、3月を目安に引っ越しする家庭が非常に多くなっておる。

4月の新年度までに引っ越すためには、3月までにマイホームの購入をしなければならん。スケジュールを逆算すると、住宅ローンの申込みは遅くとも2月までにしておくことになるのお。

こういった事情から、1~3月は住宅ローンの申込みが1年の中で最も多くなる時期なのじゃ。2月の申込みは通常の2倍以上になるぞ。

そんなに増えるんですね。住宅ローンの手続きって難しそうですし、先延ばししてしまう方も多いのかしら。

住宅ローンの申込みが急増すると、銀行側も手が回らなくなってしまうのじゃ。仕事量が2倍以上になるのじゃから、当然じゃな。

もちろん、銀行も人員増加など対応策はとっておる。しかし、「登記」などの専門知識の必要な手続きは、どうしても人手が足らなくなってしまうのじゃ。

申込みが多いということは問い合わせも増えるのお。結果、サポート電話が繋がりにくくなったり、問い合わせのメールが遅れることも多々ある。

うわあ。そんなに影響があるのですね。僕は手続きに不安があるので、早めに申込みをしておきます。

引越し費用が高くなる

3月・4月は引越し費用が最も高い時期になるぞ。最も安い11月と比較すると、1.5倍にもなるのじゃ。

同じ引越しでも時期が違うだけでこんなにも値段が違うのね。それに、引越しシーズンは予約も取りづらいのよね。

住宅ローンの審査が通らないと、引越しの予約もできなからのお。スケジュールの遅れが金銭的な負担に繋がってしまうのじゃ。

僕は年度末は仕事が忙しいので、平日にお休みも取れません…確実に引越しができるように、住宅ローンの手続きは早めにしないといけませんね。

借り入れ時期は選べる

住宅ローンは審査が終わった後に、具体的な融資実行の時期を決めるぞ。早めに申込みや手続きを済ませておいて、借り入れのタイミングは遅らせても大丈夫じゃ。

審査に通らなかった場合に備えて、複数の銀行に申し込んでおくこともできるぞ。契約さえしなければ費用は一切かからないので心配無用じゃ。

いろんな銀行のプランを比較するという意味でも、いくつかの銀行で審査を受けておくと良いかもしれませんね。

複数銀行で見積もりしてもらえば、価格交渉することもできそうですね。頑張って値切るぞ~!

マイホームは人生で最大の買い物じゃからのお。急いで失敗しないように、余裕をもってスケジュールを組むことが大切じゃ。

【12月最新】おすすめ住宅ローンプラン

kinri-schedule

住宅ローンの金利は、実際にお金が貸し出された時(融資実行)の金利が適用されるぞ。先に申し込みをしておいて、融資のタイミングは後から決めることもできるのじゃ。

例えば、1月に住宅ローンの申込みをしても、融資実行が2月の場合は2月の金利が適用されるぞ。

住宅ローンは、申込みから融資実行までに手続きのため1ヶ月ほど時間がかかることを知っておこう。スケジュールに余裕を持っておかないと、安い時期を逃してしまうぞ。

審査が通らなかった場合も考えて、いくつか同時に申し込んでおいた方がいいですね。審査が甘いフラット35は滑り止めにも利用できます。契約さえしなければ無料ですしね。

変動金利プランBEST3!

sbi_logo

変動(新規) 0.447 %
変動(借り換え) 0.418 %
10年固定 0.75 %
事務手数料 借入額x2.2%
  • 業界最安!0.447 %!
  • 金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談ができるネット銀行。

住信SBIネットは変動金利が業界最安。借り換えを検討している方、新規借入で短期返済を計画している方は、住信SBIネット銀行の変動金利がおすすめです。

さらに、住信SBIネット銀行の変動金利は金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料。保障制度も充実した安心プランです。

公式HPを見る

【来店相談】
プロの住宅ローンコンサルタントと店頭で個別相談が可能。サポート体制も万全のネット銀行です。

大宮 新宿 秋葉原 大阪
横浜 名古屋 浜松 福岡

公式HPを見る

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.57 %
事務手数料 借入額x2.2%
  • 契約まで完全ネット完結!
  • がん1/2保障が無料
  • 業界トップクラスの低金利

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが親会社となる新しいネット銀行です。豊富なノウハウに基づいた柔軟なサービスと充実したサポート体制が安心のネット銀行です。

がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料。金利0.3%相当の当保証はとてもお得です!

また、じぶん銀行は申込から契約まですべての手続が完全ネット完結。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できます!

公式HPを見る

イオン銀行

変動(新規) 0.52 %
変動(借り換え) 0.47 %
10年固定 0.595 %
事務手数料 借入額x2.2%
  • 変動金利(借換)が安い!
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

借り換え金利がとても安い住宅ローンです。

イオンカードがゴールドカードに昇格、イオンでのお買い物が5%OFFといった生活密着型の特典が魅力。イオングループでの買い物が多い方は、非常にお得なプランです。イオン銀行はネット銀行ながら店舗数が多く、気軽に相談できる、ATM利用が便利といったメリットもあります。

公式HPを見る

フラット35プランBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.01 %
21~35年 1.01 %
事務手数料 借入額x2.2%
  • フラット35シェア全国NO.1
  • スーパーフラットの金利は業界最安
  • 豊富なプランと充実サポート
  • 本審査が最短3日!

ARUHIはフラット35専門の金融機関で、全国シェアNO.1を誇ります。スーパーフラット、10割融資やフラット50などの豊富なラインナップから最適なプランを選択可能。

特に、自己資金の割合により金利が安くなるARUHIスーパーフラットが魅力。フラット35では業界最安値となっています。

また手続きが非常に速く、仮審査は最短当日、本審査は最短3日です。フラット35の借り入れを検討している全ての方に自身を持っておすすめできる金融機関です!

公式HPを見る

rakuten_logo

15~20年 1.11 %
21~35年 1.16 %
事務手数料 新規:借入額x1.1%
借換:借入額×0.972%
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 非常に安い手数料が魅力
  • 楽天グループ関連の特典が豊富

ネット通販で培ったノウハウで実現した非常に低価格なプランが魅力です。楽天銀行は手数料が全国で最安値となっており、新規・借換ともに利用しやすいプランとなっています。

さらに、楽天ショッピングで追加ポイントがもらえるなど、他の銀行にはない特典にも注目です。

公式HPを見る

sbi_logo

15~20年 1.11 %
21~35年 1.16 %
事務手数料 借入額x2.2%
  • 低金利が魅力
  • 知名度が高く安定したネット銀行
  • 店舗相談・サポートが充実

ネット銀行の中でもトップクラスの知名度と人気があり、利用者数も非常に多いプランです。金利が非常に安いランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

また、ネット銀行ながらも店舗窓口があり、店頭での相談やサポートが利用可能です。

公式HPを見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク