住宅ローン控除(減税)シミュレーション

住宅ローン控除シミュレーション
年収 万円
借入額 万円
金利 %
借入期間
  • 検索内容
  • 年収 400万円
  • 借入額 2000万円
  • 金利 0.5%
  • 20年返済
控除額 控除額
1 18.9万円 6 13.7万円
2 17.9万円 7 12.6万円
3 16.8万円 8 11.6万円
4 15.8万円 9 10.5万円
5 14.7万円 10 9.5万円
合計 142万円
控除額 控除額
1 18.9万円 6 13.7万円
2 17.9万円 7 12.6万円
3 16.8万円 8 11.6万円
4 15.8万円 9 10.5万円
5 14.7万円 10 9.5万円
合計 142万円
控除額 控除額
1 16万円 6 13.7万円
2 16万円 7 12.6万円
3 16万円 8 11.6万円
4 15.8万円 9 10.5万円
5 14.7万円 10 9.5万円
合計 136.5万円
控除額 控除額
1 18.9万円 6 13.7万円
2 17.9万円 7 12.6万円
3 16.8万円 8 11.6万円
4 15.8万円 9 10.5万円
5 14.7万円 10 9.5万円
合計 142万円

※16歳未満のこどもは扶養に入りません。
※「配偶者」は配偶者控除が受けられる場合のみ選択します。

すまい給付金
給付額 30万円
税額概算
返済額 8.76万円 / 月
単身者 配偶者あり 配偶者+扶養 扶養あり
所得税 8.6万円 6.7万円 4.8万円 6.2万円
住民税 17.9万円 14.6万円 11.3万円 14.1万円
最大控除 22.2万円 20.3万円 16万円 19.8万円
※被扶養者の年齢により税額が変わることがあります。
※住民税からの控除は最大13.65万円までです。

住宅ローンの借り入れをすると、「住宅ローン控除」を利用できるぞ。税金の支払いが減ることから「住宅ローン減税」とも呼ばれておる。

また、住宅の購入者は「すまい給付金」を受け取ることができるぞ。これらの制度は自己申告なので、絶対に忘れずに申請するのじゃ。

合計すると数十万円~数百万円の金額になりますね。絶対に手続きします!

住宅ローン控除の条件

  • 住宅ローンの借入期間が10年以上であること。
  • 申請者が居住すること。賃貸や別荘は対象外。
  • 購入日から6ヶ月以内に入居し12月31日まで居住すること。
  • 勤務先からの借り入れの場合、金利が0.2%以上であること。
  • 親族など個人的な借り入れは対象外。
  • 床面積の合計が50㎡以上(約15坪以上)。
  • 床面積の1/2が居住用であること。
  • 所得金額が3000万円以上の場合は対象外。
  • 耐震性能を有していること(中古住宅の場合)。

住宅ローン控除は10年間に渡って、各年の所得税から控除を受けられる制度じゃ。所得税から引けない場合は、上限13万6500円まで住民税から差し引かれるぞ。

支払っている所得税が少なく、住民税からも引けない場合は、控除されないというケースもあるぞ。還付金がもらえるというわけではないのじゃ。

住宅ローン控除が40万円受けられるとしても、所得税が20万円、住民税が10万円としたら、10万円分の控除は無かったことになってしまうのですね。

住宅ローンをたくさん借りればお金がたくさん戻ってくるというわけではないのですね。

シミュレーションでは、年収から所得税と住民税を算出しておる。おおまかな目安として参考にしてみてくれ。

シミュレーションはあくまで概算です。実際の税額とは異なる場合がありますのでご了承ください。

「配偶者+扶養」の扶養は15~18歳または23~69歳の被扶養者とし、「扶養あり」は70歳以上(別居)の被扶養者として算出しております。被扶養者の年齢により控除額が変動します。

すまい給付金の条件

消費税8%の物件
年収 給付額
425万円以下 30万円
425万円超475万円以下 20万円
475万円超510万円以下 10万円
消費税10%の物件
年収 給付額
450万円以下 50万円
450万円超525万円以下 40万円
525万円超600万円以下 30万円
600万円超675万円以下 20万円
675万円超775万円以下 10万円

※共有名義の場合、単独名義と計算方法が異なります。

  • 申請者が居住すること。
  • 床面積の合計が50㎡以上(約15坪以上)。
  • 耐震性能を有していること(中古住宅の場合)。
  • 第三者機関の検査を受けた住宅であること。

住宅ローン控除の条件を満たしておれば、すまい給付金の条件もクリアしていると考えてよかろう。ただし、すまい給付金は所得制限が厳しくなっておるので注意が必要じゃ。

消費税の増税の補填という意味合いがあるそうですが、100%補填されるわけではなさそうです。増税前に購入した方が安いですね。