マイホーム(持ち家)vsずっと賃貸どっちがお得?

人生って一寸先は闇だよね。

たく夫どうしたの!何か嫌なことでもあったの!?

いやいや、そういうわけじゃないんだ。でもね、人生って答えのない問題がごろごろと転がっているなって考えていたんだよ。

それはそうね。私も先日、友達とランチに行った時にこんな相談を受けたの。大きなローンを組んでマイホームを買うのはリスクじゃないか?って。

景気が悪くなったり、怪我などで仕事ができなくなったらと考えると恐いよね。でも、賃貸住まいだからといって必ずしも安心ではないよ。

2人とも今日は真面目な議論をしておるのお。ずっと賃貸住まいか、マイホームを買って持ち家に住むかというのは大きな選択じゃな。今回はその判断材料をいくつか紹介しよう。

スポンサーリンク

住宅と生活の質について

まずは、住宅の質について比較してみよう。人生の多くの時間を過ごす住宅の質は、生活の質に直結することになるぞ。

私は10歳の頃に両親が家を購入しマイホームに引っ越しました。今でも引っ越しの時の興奮を忘れません。

うちは親が転勤の可能性があったので、ずっと賃貸住まいでした。でもこどもだったので、家の良し悪しを考えたことはあまりありませんでしたね。

それぞれの家庭の事情があるので、一概に賃貸と持ち家のどちらが良いかという答えをだすことは難しいぞ。臨機応変に自分の環境に合わせて選択することが重要じゃ。

設備・環境の違い

住宅の設備や質に関しては、支払額が同等であればマイホームに軍配が上がると言って間違いないじゃろう。

賃貸物件は、当然ながら経営している大家さんの『取り分』が存在する。つまり、支払っている住宅費が同等ならば、この大家さんの取り分だけ住宅の質が下がることになるのじゃ。

例えば、毎月10万円の住宅費で3LDKのマンションに住むとします。すると、マイホームには食器洗浄機や床暖房があるけれど、賃貸にはないといった違いがでます。

マイホームと賃貸を比べると、部屋やクローゼットの大きさにも差があるわ。戸建ての持ち家なら駐車場の心配もいらないしね。

僕はネットを自由に使いたいから、断然一戸建ての持ち家派です。アパートは1つのネット回線を全部屋でシェアするので、使用人数によって遅くなったりするんですよ。

マイホームは自由度が高いわ。庭付き戸建ての賃貸はなかなか見つからないもの。ペットの飼育や楽器の使用禁止など、賃貸には制約が多い印象ね。

もちろん、まったく同条件で比較することはできないのじゃが、多くの場合ではこのような差がでると考えておこう。

引っ越しについて

マイホームを購入すると、引っ越しができなくなってしまうので注意しよう。仕事の転勤などで、せっかく購入したマイホームを手放さなければならなくなってしまうのは避けたいのお。

マイホームを貸し出すという方法もありますが、住宅ローンを完済するまでは家の購入ができなくなります。住宅ローンを同時に2つ借りることは出来ません。

引っ越しが自由に出来るのは賃貸のメリットだわ。家庭の事情に合わせて住居を変えることが出来るわ。例えば、こどもが小さな頃は大きな家に住み、こどもが巣立って夫婦2人になったら駅チカ物件に引っ越すのもありね。

賃貸なら都市部に住みやすいよね。都内で家を買おうと思ったらとんでもない価格になっちゃうから……。

マイホームを購入する際は、環境の変化によるリスクも考えておくべきだわ。最寄りのスーパーが潰れて不便になったり、目の前にビルが立って日当たりが悪くなるということもありえるわ。

原則としてマイホームを購入する際には、家族構成が確定しており、転勤など引っ越しが無いことが条件になるぞ。これらの心配が残っているなら購入を焦らず先送りすることも検討しよう。

住民トラブル

マイホームの購入後に、住民トラブルに悩む家庭も少なくないそうじゃ。

騒音や迷惑行為などの住民トラブルがニュースになることもあるわね。例えばマンションの階下の住人がベランダでタバコを吸い、洗濯物が汚れてしまう被害などがあるわ。

うちはお隣さんが大型バイクを趣味にしているようで、エンジンのアイドリング音が結構うるさいよね。マンションだと共有スペースの利用マナーとか、ゴミ出し場のマナーもトラブルが多いようです。

住民トラブルは賃貸でも起こりうる問題じゃ。しかし、賃貸ならば最悪の場合でも引っ越しという手段がある。じゃが、持ち家だとそう簡単ではない。

でも、賃貸の場合はお隣さんの顔も知らないということも多いわ。持ち家が多い住宅街なら、ご近所さんとは自然と顔見知りにもなるので防犯上の心配は少ないわね。

賃貸は入れ替わりが激しいからね。僕が新社会人のときに住んでたアパートは壁が薄くてお隣さんの歌声がこちらの部屋まで響いてきていたよ……

賃貸は引っ越しが可能とはいえ、費用もかかるしそう簡単なことではないの。それに、引越し先でトラブルがないとも限らん。

持ち家の多い住宅街なら、お互いに気を使う家庭は多いでしょうね。

住宅の劣化と修繕費

マイホームはメンテナンスが必要なことを忘れてはならんぞ。マンションならば修繕費が毎月徴収される。戸建てならば自分で積み立てをしよう。

10~15年ほどで壁塗装の塗り替え、20年前後でトイレやお風呂などの水回りの補修をするぞ。さらに築年数が伸びると、耐震補強工事なども必要となるかもしれん。

賃貸なら、修理費なんてかからないので良いですね。もしも災害で倒壊しちゃっても懐は傷まないです。

こらったく夫!そんな不謹慎なことは言ってはならん。それにのお、修理費は直接はとられんが、それも込みで家賃が決められておると思っておこう。

本当にたく夫がすみません。家賃には色々な費用が含まれているのね。

住居の寿命についても知っておいてほしいのお。戸建ての場合は木造住宅が多く、劣化に弱いという特性がある。人生100年時代と言われる今、ずっと住めるマイホームを求めるならば素材から慎重に選ぶべきじゃろう。

家賃と住宅ローン

マイホームの購入を迷う大きな理由のひとつに、巨額のローンを組むことへのリスクがある。景気の先行きも不透明な今の社会では、この問題はそう簡単に解決はしないじゃろう。

しかしながら、賃貸とて家賃が必要なことには変わらないぞ。生活をしていくには住居が必要であり、その費用がなくなることはないのじゃ。

お給料がなかなか上がらないので、マイホームの購入に踏み切れない人の気持もわかります。もし自分が怪我をしたり会社が倒産してしまったら、住宅ローンが返せなくなります。

でも、お金がないからといって安い賃貸に引っ越すというのも簡単じゃないわ。引越し費用も安くないし、こどもの転校など色々な問題があるもの。

賃貸だからといってお金の問題から開放されるわけではないぞ。

金利と家賃の上昇

住宅ローンを変動金利で借りた場合、金利の上昇にともない返済額が高くなってしまうリスクがあるぞ。

固定金利で借りればこの心配はなくなるのじゃが、その代り金利が高くなってしまうというジレンマがあるのじゃ。

はじめは安いけれど後から高くなってしまう可能性のある変動金利か、最初から高い固定金利か……難しい選択肢ですね。

賃貸ならそんな難しいことを考える必要は無いわね。住宅ローンの諸費用も安くないので、費用面では賃貸の方が気が楽だわ。

確かにそうじゃのお。しかし、賃貸にも家賃の上昇のリスクはあるのじゃぞ。

えええ!そうなんですか!?

住宅ローンの金利の変動ほどでは無いが、家賃の引き上げはありうるぞ。地価や物価の上昇によって、家賃の変更がされる場合があるのじゃ。

うーん、どうしたら良いんだろう。難しい問題だなぁ。 たく夫どうしたの?悩み事があるなら、一緒に考えるわよ。 ありがとう。すみ子ち......

固定資産税や都市計画税

マイホームを所有している場合、毎年、固定資産税や都市計画税の支払いが義務付けられておる。賃貸にはなかった税金じゃな。

これって結構高いんですよね。新築物件だと十数万円はしますよ。住宅ローンを借りた年には確定申告もしなければならないので手間もかかります。

住宅ローン控除の申請も忘れずにのお。住宅ローンを借りてから10年間は所得税が安くなるのじゃ。お役所の手続きが多いので、何日か休暇をとる必要もあるかもしれんのお。

費用に関しては、賃貸の場合は大家さんが支払っておるのじゃが、やはりそれも含めて家賃が決められておると考えておこう。また、持ち家の評価額は築年数により下がり、税金も安くなるぞ。

持ち家は負動産なのか?

僕の友人には、持ち家は負動産だ!と言う奴がいます。彼いわく、そんなお金があるなら投資に使った方がお得だそうです。

確かにそういう考え方もあるのお。マイホームの購入時には、物件価格に加えてさらに1割ほどの諸経費がかかる。ローンの利子も含めると、大きな出費であることは間違いない。

マイホームは築年数が経つごとに価格が落ちてしまう。住宅ローンを支払い終わった頃には0になっておるだろう。しかし、それは賃貸とて同じじゃ。家賃は何も生み出さないからのお。

住宅購入のための資金を株式運用に使った方が得だという考え方もある。仮に500万円を原資に年間3%の利益を得たとして、25年後には理論上1000万円を超えることになる。

しかし、本当にそう上手くいくじゃろうか?問題は必ずしも投資活動によって利益が得られるとは限らないことじゃな。

25年で2倍ですか!?

たく夫、止めておきなさい。素人がそんなものに手を出してもろくなことがないわ。プロの投資家の食い物にされるだけよ。

ホッホッホ。すみ子ちゃんは賢いのお。それにのお、住宅ローンというのは年間0.5%(変動金利)という非常に低い金利で借りることができる。それに年間3%の利益を投資で出せる腕があるならば、住宅ローンを借りても問題あるまい。

確かに、投資で成功している人もいるわ。でも、反対に損をしている人もいることを忘れてはいけないわ。私はそんな不安定な事にお金を使いたくないし、人に勧めることもできないわ。

資産運用に自身のある方はどんどん投資に挑戦すると良いじゃろう。しかし、資産運用は自己責任が原則じゃ。

老後の生活について

皆さんは老後の生活を考えたことはあるじゃろうか?マイホームの購入は老後への投資という考え方もあるのじゃ。

人生の中でも最も収入が多いのは、働き盛りの30代・40代じゃ。しかし50代以降になると給料は低下し、定年後には収入が大きく減ることになる。

しっかりと収入がある時にマイホームを購入しておくことで、収入の減る老後の住宅費を減らすことができるのじゃ。

年金生活になると、家賃の支払いが家計へ大きな負担になりますね。老後も年金以外に収入があればいいのですが、なかなか難しいです。

住宅ローンを完済していれば住居費は0だものね。もちろん、修繕費などはかかるけれど、家賃よりはずっと安いわ。

古くなるとはいえ、家と土地を家族に残せるというのは大きな保険になるぞ。仮に妻とこどもを残しても、住まいがあれば安心というものじゃ。

退去・入居拒否の可能性

収入が少なくなる老後は引っ越しが難しくなるぞ。家賃の安い賃貸に引っ越そうと思っても、簡単に引越し先が見つかるとはかぎらないのじゃ。

また、家賃が安い賃貸は築年数がかなり経っている物件であることが多い。古いアパートなどでは、倒壊防止のため撤去される場合もあるぞ。すると、入居者は立ち退きを迫られてしまうのじゃ。

立ち退きなんてひどいですね。その上、高齢と収入によって引越し先が見つからないとなると大変です。

賃貸住まいを選ぶ場合は、老後も続けられる仕事を見つけたり、しっかりと蓄えを残すなど対策を練っておこう。

相続について

マイホームは相続の際にトラブルの元になる可能性があるぞ。例えば離婚の際の権利争いや、死後のこどもの相続の際じゃ。

お金と違って、マイホームは分けることが出来ませんからね。かといってマイホームを売って現金化するというのも、そう簡単ではありません。

築年数が長い場合はほとんど値段がつかないばかりか、古くなった建物を撤去するための費用がかかるケースもあるぞ。土地も立地によっては購入時よりも大きく下がってしまうことも珍しくない。

例えば売れば1000万円になる物件を2人でわけるにはどうすべきじゃろうか。他の相続はまったくないと仮定しよう。

どちらか1人が受け継ぐとすると、もう1人に対して評価額の半分である500万円を支払う必要がありますね。そのお金を出せる余裕があれば良いのですが……

思い切って売ってしまい、500万円づつ等分するのも1つの方法ですね。でも、思い出の詰まった実家を売るのはしのびないわ。

家族のトラブルの元にもなりうる相続の問題は、はやめに家族内で話し合いをしておくべきじゃな。

【6月最新】おすすめ住宅ローンプラン

kinri-schedule

住宅ローンの金利は、実際にお金が貸し出された時(融資実行)の金利が適用されるぞ。先に申し込みをしておいて、融資のタイミングは後から決めることもできるのじゃ。

例えば、1月に住宅ローンの申込みをしても、融資実行が2月の場合は2月の金利が適用されるぞ。

住宅ローンは、申込みから融資実行までに手続きのため1ヶ月ほど時間がかかることを知っておこう。スケジュールに余裕を持っておかないと、安い時期を逃してしまうぞ。

審査が通らなかった場合も考えて、いくつか同時に申し込んでおいた方がいいですね。審査が甘いフラット35は滑り止めにも利用できます。契約さえしなければ無料ですしね。

変動金利プランBEST3!

sbi_logo

変動(新規) 0.447 %
変動(借り換え) 0.418 %
10年固定 0.7 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 業界最安!0.447 %!
  • 金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談ができるネット銀行。

住信SBIネットは変動金利が業界最安。借り換えを検討している方、新規借入で短期返済を計画している方は、住信SBIネット銀行の変動金利がおすすめです。

さらに、住信SBIネット銀行の変動金利は金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料。保障制度も充実した安心プランです。

公式HPを見る

【来店相談】
プロの住宅ローンコンサルタントと店頭で個別相談が可能。サポート体制も万全のネット銀行です。

大宮 新宿 秋葉原 大阪
横浜 名古屋 浜松 福岡

公式HPを見る

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.59 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 契約まで完全ネット完結!
  • がん1/2保障が無料
  • 業界トップクラスの低金利

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが親会社となる新しいネット銀行です。豊富なノウハウに基づいた柔軟なサービスと充実したサポート体制が安心のネット銀行です。

がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料。金利0.3%相当の当保証はとてもお得です!

また、じぶん銀行は申込から契約まですべての手続が完全ネット完結。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できます!

公式HPを見る

イオン銀行

変動(新規) 0.52 %
変動(借り換え) 0.47 %
10年固定 0.595 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 変動金利(借換)が安い!
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

借り換え金利がとても安い住宅ローンです。

イオンカードがゴールドカードに昇格、イオンでのお買い物が5%OFFといった生活密着型の特典が魅力。イオングループでの買い物が多い方は、非常にお得なプランです。イオン銀行はネット銀行ながら店舗数が多く、気軽に相談できる、ATM利用が便利といったメリットもあります。

公式HPを見る

フラット35プランBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.12 %
21~35年 1.12 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • フラット35シェア全国NO.1
  • スーパーフラットの金利は業界最安
  • 豊富なプランと充実サポート
  • 本審査が最短3日!

ARUHIはフラット35専門の金融機関で、全国シェアNO.1を誇ります。スーパーフラット、10割融資やフラット50などの豊富なラインナップから最適なプランを選択可能。

特に、自己資金の割合により金利が安くなるARUHIスーパーフラットが魅力。フラット35では業界最安値となっています。

また手続きが非常に速く、仮審査は最短当日、本審査は最短3日です。フラット35の借り入れを検討している全ての方に自身を持っておすすめできる金融機関です!

公式HPを見る

rakuten_logo

15~20年 1.21 %
21~35年 1.27 %
事務手数料 新規:借入額x1.08%
借換:借入額×0.972%
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 非常に安い手数料が魅力
  • 楽天グループ関連の特典が豊富

ネット通販で培ったノウハウで実現した非常に低価格なプランが魅力です。楽天銀行は手数料が全国で最安値となっており、新規・借換ともに利用しやすいプランとなっています。

さらに、楽天ショッピングで追加ポイントがもらえるなど、他の銀行にはない特典にも注目です。

公式HPを見る

sbi_logo

15~20年 1.21 %
21~35年 1.27 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 低金利が魅力
  • 知名度が高く安定したネット銀行
  • 店舗相談・サポートが充実

ネット銀行の中でもトップクラスの知名度と人気があり、利用者数も非常に多いプランです。金利が非常に安いランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

また、ネット銀行ながらも店舗窓口があり、店頭での相談やサポートが利用可能です。

公式HPを見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク