マイホームは負動産なのか?生涯住宅費で比較

はぁ……考えれば考える程、どうしたら良いのかわからなくなっちゃうよ。

たく夫どうしたの?よかったら私が相談に乗るわよ。

えっとね、すみ子ちゃん。友達から、マイホームは負動産だから買ったら絶対後悔するよって言われたんだ。

負動産……負けてる不動産なんて、よく言ったものよね。たしかに住宅ローンの返済は大変だけれど、後悔することは無いと思うわ。

彼いわく、景気の先行きがわからないのに大きな借金を背負うのはリスクが大きいんだって。家を買うなんて贅沢はバブル時代の話だっていうんだ。

興味深い話をしておるのお。たくさんのローンを借りるのが恐いという友達の意見も理解できるぞ。でも、賃貸住まいならば不安が無いかというとそれは間違いじゃ。

マイホームと賃貸ではどれくらいの負担があるのか、生涯かかる住宅費を計算して比較してみよう。

スポンサーリンク

分譲マンションと賃貸を比較

分譲住宅
物件価格 3000万円 住宅ローン 2500万円
頭金 500万円 諸費用 500万円
金利 1.5% 返済期間 25年


今回はこのような物件を購入すると想定してシミュレーションしていくぞ。35歳でマイホームを購入し、60歳で完済する予定じゃ。

駅チカの3LDK物件じゃな。やや手狭という点に目をつむれば、これくらいの物件は見つかると思うぞ。

35歳から85歳までの50年間の総費用を、持ち家と賃貸で比較していきます。

マイホーム
項目 毎月負担
住宅ローン 10万円
管理費 0.9万円
駐車場代 0.5万円
修繕積立金 1万円
火災・地震保険料 0.1万円
固定資産税 1万円
都市計画税 0.5万円
合計 14万円

それでは早速、計算していこう。毎月負担額は14万円くらいになるのお。完済する25年後までには、合計4200万円となる。

14万円*12ヶ月*25年=4200万円

そうそう、住宅の購入費も忘れてならんぞ。頭金500万円と、諸費用500万円も足しておくのじゃ。

4200万円+1000万円=5200万円

続いては、住宅ローンを完済した後の費用じゃ。ここからは住宅ローンの支払いが無くなるぞ。

4万円*12ヶ月*25年=1200万円

最後に、全ての費用を足してみよう。マイホームを購入した際の生涯かかる住宅費がわかるぞ。合計金額は6400万円じゃな。

5200万円+1200万円=6400万円

賃貸
項目 毎月負担
家賃 10万円
管理費 0.5万円
駐車場代 0.5万円
合計 11万円

賃貸の計算は僕が引き受けますね。分譲住宅と同程度の3LDKマンションを借りた場合を想定しています。

11万円*12ヶ月*50年=6600万円

賃貸は2年毎に更新料が1ヶ月分必要です。また、火災保険料が2年毎に1万円ほどかかります。

11万円*30回=330万円

それでは最後に、費用の合計を算出します。賃貸に50年間住んだ場合の住宅費は、6930万円でした。

6600万円+330万円=6930万円

50年間の住宅費を比較すると、マイホームを購入した場合の方が530万円安くなっておるのお。

マイホームは住宅ローンの返済時の負担が大きいけれど、完済後は家計がかなり楽になるわ。

賃貸住宅を引っ越した場合

賃貸物件の場合は、引っ越しすることも想定できる。例えば、こどもが独立し夫婦2人ならばもう少し部屋数が少ない家でもよかろう。

それでは、25年間は3LDKに住み、それ以降は家賃8万円の2LDK物件に引っ越した場合のシミュレーションをしてみましょう。

賃貸
項目 毎月負担
家賃 8万円
管理費 0.5万円
駐車場代 0.5万円
合計 9万円

まずは25年間の3LDKの家賃と、2LDKの家賃の合計を計算します。

11万円*12ヶ月*25年=3300万円
9万円*12ヶ月*25年=2700万円

続いて、更新料の支払いを計算しましょう。また、引越し費用として家賃の2ヶ月分も追加します。

11万円*13回=143万円
9万円*13回+18万円=135万円

それでは最後に合計金額を算出しましょう。今回の合計金額は6270万円となりました。

6000万円+278万円=6270万円

マイホームを購入した場合の総額が6400万円じゃったから、130万円ほど安くなっておるのお。

確かに安くはなっていますけれど、2LDKに引っ越しているので生活の質は下がっているわ。

マイホームは負動産なのか?

同程度の住宅に済むことを想定すると、マイホームを購入した方が費用は安くなることがわかったのお。

これは当然のことなのじゃ。なぜなら、家賃には大家さんの利益が含まれており、同程度の住宅ならば割高な支払いになってしまうからじゃ。

大家さんもボランティアでアパート経営しているわけではありませんからね。僕が分譲マンションの1室を購入して貸し出すとしたら、住宅ローンの支払よりも高く家賃を設定しますよ。

マイホームの購入は負動産なのか?ワシはそうは思わんぞ。様々な疑問に対するワシの意見を紹介していこう。

  • 住宅ローンはリスクなのか?
  • 完済後の家計が楽
  • 資産が残る
  • 資産運用した方が良い?
  • 高齢者の引っ越しは難しい

住宅ローンはリスクなのか?

数千万円という巨額の借金をかかえてマイホームを購入するのはリスクが高いという意見がある。しかし、ワシは一生賃貸住まいの方がリスクが高いと考えておる。

住宅ローンのリスクとして、不景気による給与の低下や会社の倒産、怪我や病気などにより働けなくなった時に住宅ローンの負担が大きいことが上げられるのお。

しかし、これは賃貸住まいでも同じではないだろうか?お給料が減ってしまっても、家賃の支払いが続くことは住宅ローンと変わらないのじゃ。

賃貸ならもっと安いところに引っ越すことができますよ。

引っ越しと言ってもそう簡単じゃないわよ。お金に困っている時に数十万円の引越し費用が払えるかしら?

住宅ローンの支払い負担が大き過ぎるてことが指摘されているんじゃないの?若い時はお金に余裕がないし……

たしかに若い頃の住宅ローンの負担は大きいのお。しかし、マイホームがあれば老後の家計は格段に楽になるぞ。仕事を引退してお金の無くなるのは老後も同じじゃ。賃貸住まいは問題を先送りにしているだけとも言えるのお。

うーん、でも本当に困ったら賃貸の場合は家を引き払って実家に帰ることもできますよね……

それはたく夫を受け入れてくれる実家があるから言えることじゃないかのお。ご両親が若い頃にがんばってマイホームを建てたから安心できる実家があるのじゃ。

完済後の家計が楽

マイホームのメリットは、住宅ローンの完済後に家計が楽になることじゃ。仕事を引退し収入が減る老後にマイホームがあるかないかでは大きな違いになるぞ。

わたしたちの年金は夫婦合わせても1ヶ月に20万円くらいだと思うわ。税金を払うとさらに減っちゃうのよ。

老後は医療費も増えるしね。うちの親は接骨院に通ってるよ。年金も僕らが今と同じくらいもらえる保障もないよ。

老後に年金だけで今の生活水準を維持するのは難しいぞ。パートなどで働くか、貯金を切り崩す生活となるじゃろう。

マイホームも修繕費や税金の支払いがあるから住宅費が0になるわけではないけれど、かなり家計は助かるわ。

あわわわわ。老後のことを考えると、ずっと賃貸住まいは心配になってきました。

資産が残る

マイホームは資産として残るというのが大きなメリットじゃろう。築年数が経てば購入時の価格を維持するというのは不可能じゃが、一定の価値は持つものじゃ。

鉄筋コンクリート造のマンションであれば強度がかなり強く、100年はもつとも言われておる。自分が住まなくなった後も、こどもが使ったり賃貸にするなど利用できるぞ。

木造戸建てはマンションよりも耐久度は低いのお。しかし、土地はずっと残るのじゃ。不要になった場合もまとまったお金に変えられるじゃろう。

うーんでも、人気の街ならともかく田舎にマイホームを買ったらそれほど価値はでないんじゃないかな?

そういうケースもあるじゃろう。しかし、賃貸住まいであれば全く何も残らないのじゃ。資産価値はオマケ程度かもしれんが、無いよりは良いじゃろう。

こどもに何か残せるというのは嬉しいわ。私達が亡くなった後は好きにしてもらって構わないし、売って少しでもお金になるならそれで良いわよね。

資産運用した方が良い?

ネットブログなどでは、マイホームに使う頭金などを元手に資産運用をした方が良いという意見も書かれておる。しかし、ワシはこれには反対じゃ。

500万円を元手に年利3%で25年間運用すれば、1000万円に膨れ上がる。元手が1000万円ならば2000万円になるじゃろう。

えええ、2倍になるんですか!?僕やっぱり家を買うのやめて投資の勉強します。

そうあわてるでないぞたく夫。これはあくまで、25年間ずっと成功した場合の話じゃ。はたして、素人のたく夫がそんなにうまく出来るだろうか?

で、できますよ。……きっと。……たぶん。

もう。やめてよね。そんな、『きっと』だとか『たぶん』なんて曖昧な態度で投資なんてできるわけないでしょ。

資産運用というのは、成功すれば大きな利益を手にすることができるのは事実じゃ。しかし、その逆に損をしてしまう可能性もあることを忘れてならん。

マイホームの購入をあきらめた上に、資金を失ったら踏んだり蹴ったりですね。

たく夫の危ないギャンブルにかけるよりも、私はマイホームのが良いわ。

投資に興味があるという人は、こんな考え方をしてはどうじゃろう。マイホームを購入して住めば、入居率100%の賃貸経営ができるのと同じとな。

自分がずっと住んでいれば確かに入居率は100%ですけど……なんだかそれってずるくないですか。

高齢者の引っ越しは難しい

最後に、賃貸住まいのリスクをひとつ紹介しておこう。収入が減る老後では、賃貸の審査が難しくなるという問題がある。

仕事を引退した老後は収入が少なくなるわ。家賃の滞納リスクがあると判断されるかもしれないのね。

単身者では、保証人がいないとか孤独死のリスクなども忌避される原因となっています。

足腰が不自由になる老後は、近くにスーパーがないとね。病院に行くために公共の交通機関が利用できることも必須だわ。老後の引っ越しは選択肢があまりなさそうね。

老後の住宅問題はいくつもあるのお。マイホームは将来への保障と考えても良いじゃろう。

ずっと賃貸住まいを選ぶのであれば、老後を見越した貯蓄を計画的に積み立てておく必要があるわね。

近年では、少子高齢化が急速に進んでおり、アパートの空き家が増えていることから、高齢者の入居問題も自然と解消されるという楽観論もある。

しかしこの考え方はあくまで理論であって、現実がどうなるかはわからないぞ。安い物件は劣悪な環境である可能性が高く、厳しい生活を強いられるかもしれん。

せっかく自由な時間を楽しめる老後なんだから、住まいで苦労はしたくないですね。

【4月最新】おすすめ住宅ローンプラン

kinri-schedule

住宅ローンの金利は、実際にお金が貸し出された時(融資実行)の金利が適用されるぞ。先に申し込みをしておいて、融資のタイミングは後から決めることもできるのじゃ。

例えば、1月に住宅ローンの申込みをしても、融資実行が2月の場合は2月の金利が適用されるぞ。

住宅ローンは、申込みから融資実行までに手続きのため1ヶ月ほど時間がかかることを知っておこう。スケジュールに余裕を持っておかないと、安い時期を逃してしまうぞ。

審査が通らなかった場合も考えて、いくつか同時に申し込んでおいた方がいいですね。審査が甘いフラット35は滑り止めにも利用できます。契約さえしなければ無料ですしね。

変動金利プランBEST3!

sbi_logo

変動(新規) 0.447 %
変動(借り換え) 0.418 %
10年固定 0.7 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 業界最安!0.447 %!
  • 金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談ができるネット銀行。

住信SBIネットは変動金利が業界最安。借り換えを検討している方、新規借入で短期返済を計画している方は、住信SBIネット銀行の変動金利がおすすめです。

さらに、住信SBIネット銀行の変動金利は金利0.3%相当の全疾病保障付団信が無料。保障制度も充実した安心プランです。

公式HPを見る

【来店相談】
プロの住宅ローンコンサルタントと店頭で個別相談が可能。サポート体制も万全のネット銀行です。

大宮 新宿 秋葉原 大阪
横浜 名古屋 浜松 福岡

公式HPを見る

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.59 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 契約まで完全ネット完結!
  • がん1/2保障が無料
  • 業界トップクラスの低金利

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが親会社となる新しいネット銀行です。豊富なノウハウに基づいた柔軟なサービスと充実したサポート体制が安心のネット銀行です。

がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料。金利0.3%相当の当保証はとてもお得です!

また、じぶん銀行は申込から契約まですべての手続が完全ネット完結。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できます!

公式HPを見る

イオン銀行

変動(新規) 0.52 %
変動(借り換え) 0.47 %
10年固定 0.595 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 変動金利(借換)が安い!
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

借り換え金利がとても安い住宅ローンです。

イオンカードがゴールドカードに昇格、イオンでのお買い物が5%OFFといった生活密着型の特典が魅力。イオングループでの買い物が多い方は、非常にお得なプランです。イオン銀行はネット銀行ながら店舗数が多く、気軽に相談できる、ATM利用が便利といったメリットもあります。

公式HPを見る

フラット35プランBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.17 %
21~35年 1.17 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • フラット35シェア全国NO.1
  • スーパーフラットの金利は業界最安
  • 豊富なプランと充実サポート
  • 本審査が最短3日!

ARUHIはフラット35専門の金融機関で、全国シェアNO.1を誇ります。スーパーフラット、10割融資やフラット50などの豊富なラインナップから最適なプランを選択可能。

特に、自己資金が20%以上のユーザーは金利が約0.2%安くなるARUHIスーパーフラットが魅力。フラット35では業界最安値となっています。

また手続きが非常に速く、仮審査は最短当日、本審査は最短3日です。フラット35の借り入れを検討している全ての方に自身を持っておすすめできる金融機関です!

公式HPを見る

rakuten_logo

15~20年 1.21 %
21~35年 1.27 %
事務手数料 新規:借入額x1.08%
借換:借入額×0.972%
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 非常に安い手数料が魅力
  • 楽天グループ関連の特典が豊富

ネット通販で培ったノウハウで実現した非常に低価格なプランが魅力です。楽天銀行は手数料が全国で最安値となっており、新規・借換ともに利用しやすいプランとなっています。

さらに、楽天ショッピングで追加ポイントがもらえるなど、他の銀行にはない特典にも注目です。

公式HPを見る

sbi_logo

15~20年 1.21 %
21~35年 1.27 %
事務手数料 借入額x2.16%
  • 低金利が魅力
  • 知名度が高く安定したネット銀行
  • 店舗相談・サポートが充実

ネット銀行の中でもトップクラスの知名度と人気があり、利用者数も非常に多いプランです。金利が非常に安いランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

また、ネット銀行ながらも店舗窓口があり、店頭での相談やサポートが利用可能です。

公式HPを見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク