年収〇〇万円なら住宅ローンいくらまで借りれる?

年収別シミュレーション
年収 万円
毎月返済額
年収 手取り 15% 20% 25% 30% 35%
400万円 26.8万円/月 5万円/月 6.7万円/月 8.3万円/月 10万円/月 11.7万円/月
借入可能額
借入期間 15% 20% 25% 30% 35%
5年 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円
10年 600万円 800万円 1000万円 1200万円 1400万円
15年 900万円 1200万円 1500万円 1800万円 2100万円
20年 1200万円 1600万円 2000万円 2400万円 2800万円
25年 1500万円 2000万円 2500万円 3000万円 3500万円
30年 1800万円 2400万円 3000万円 3600万円 4200万円
35年 2100万円 2800万円 3500万円 4200万円 4900万円

年収に対して2割ほどになるように借り入れするのが一般的じゃ。また、住宅費は手取りの3割未満に抑えるのが理想じゃな。手取りは額面の8割前後となるぞ。

住宅ローン以外にも、火災保険や固定資産税の支払いを忘れてはいかんぞ。戸建は毎月+2万円、管理費や駐車場代が必要なマンションは毎月+3万円ほどとなる。

どれくらい借りても大丈夫?

住宅ローンの規約では年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下となっておる(フラット35)。ただし、これはあくまで上限じゃ。

また、この条件は現在借り入れしている他のローンも含めて計算される。車のローンなどを組んでいると、住宅ローンで借りれるお金が減ってしまうのじゃ。

例えば、ローン上限が毎月10万円の方が車のローンを毎月3万円支払っているとすると、住宅ローンの借り入れは毎月7万円までとなる。

年収割合で考える

住宅ローンの返済額が年収の2割前後となるように借りるという方法が一般的じゃ。ただし、住宅ローン以外の保険や税金の支払いも忘れてはならんぞ。

今の家賃よりも少し安くなるように住宅ローンを組むべきですね。

手取り収入と返済額を比較することも重要じゃ。額面年収の8割くらいが手取りになるぞ。所得の多い家庭は税率が上がるので、割合を下げる人が多いのお。

夫婦共働きの家庭では、ペアローンを組むこともできるぞ。夫名義で2000万円、妻名義で1000万円といった具合で住宅ローンを組むことができるのじゃ。

ただし、妻が子育てなどで仕事を辞める可能性があるという家庭では、ペアローンは要注意じゃ。妻の収入が無くなった後に、夫の収入だけで返済が可能なのか慎重に検討するのじゃ。

借り入れ年数で考える

借り入れ年数を伸ばすことで、融資額を増やすことが可能じゃ。ただし、住宅ローンには完済時の年齢も条件になっておるので注意が必要じゃ。サラリーマンでは定年となる65歳を目処に完済するように借りるぞ。

借入時の年齢が30歳なら35年ローンを組めるが、40歳の人は25年までしか借りれないのじゃ。ただし自営業の方など、継続的な収入が見込める場合はこの限りではないぞ。

若くて収入が低い場合でも、借入期間を長くすることで融資を多く受けられますね。住宅ローンでは最大35年の長期ローンが組めます。

借入時の年齢が高い人は短期間に返す必要がありますね。こどもの教育費や老後資金の準備なども同時に考えなきゃ。

親子ペアローンなどで、借り入れ年数を伸ばすことも可能じゃ。2世帯住宅を検討している方に多いぞ。

変動金利や全期間固定プランで借りる場合は、住宅ローン控除を最大限に活かすために、借入期間を長く契約する方法もあるぞ。控除が無くなる11年目以降に繰り上げ返済するのじゃ。

利用できる制度は最大限に活かしたいですね。