民間住宅ローンとは?借り入れの条件

住宅ローンっていったいどこで借りたらいいのかな?

何言ってるの!住宅ローンは銀行で借りるに決まってるでしょ!

そうなんだぁ。すみ子ちゃんは詳しいね。銀行ってお金を預けたことしかなかったから、よく知らなかったよ。じゃあさっそく、銀行に相談に行こうか!

まてまて、そんなに急ぐでないぞ。住宅ローンの取り扱いは、銀行だけではなく、保険会社や住宅ローン専門会社などもあるのじゃ。これらを民間住宅ローンと呼んでおる。

それに最近では、インターネット上で住宅ローンの申込みや相談ができるようになっておるぞ。わざわざ銀行まで出向く必要はないのじゃ。

さらに、ネット申し込みでは、店舗で相談するよりも金利や手数料が安くなったり、キャンペーン特典がつくなどお得なことが多いのじゃ。

住宅ローンはどこで借りるの?

種類 金利 サービス サポート
メガバンク
地方銀行・信用金庫
ネット銀行
住宅ローン専門会社
保険会社・その他企業

住宅ローンを提供している会社は、こんなにも種類があるのじゃ。あまり知られていないのじゃが、保険会社やクレジットカード会社なども住宅ローンを取り扱っているぞ。

最近では、オンライン上での住宅ローンの申し込みや手続きが主流になってきておる。ネット申し込み限定の特典やキャンペーンも豊富じゃ!

インターネットの普及とIT技術の進歩により、現在ではオンラインサイトからの住宅ローンの申し込みや手続きが可能となっています。

大手銀行・ネット銀行をはじめ、現在では多くの金融機関でネット申し込みが整備されています。

オンラインサイトなら24時間いつでも利用可能ですし、自宅のPCからはもちろん、外出時にもお手元のスマートフォンからアクセスすることができるので、とても便利です。

平日の夕方までしか開いていない銀行の窓口に並ぶために、貴重な昼休みを浪費する必要はありません!

ネット銀行とは?

この中でも特に、ネット銀行に注目が集まっておるぞ。これまでの常識を覆す、低金利とサービスでシェアを急激に伸ばしているのじゃ。

ネット銀行ってなんだか未来的でカッコイイですね!

でも、なぜネット銀行はそんなに安くできるのかしら?安かろう悪かろうでは困ります。

すみ子ちゃんの心配ももっともじゃ。でも安心するのじゃ。日本国内では2000年にはじめて設立され、すでに20年も歴史のある形態なのじゃ。

日本で初めて設立されたネット銀行は、三井住友銀行が出資するジャパンネット銀行です。そして2番目には、ネットショッピングでおなじみの楽天グループが楽天銀行をはじめました。

ネット銀行が安い理由はシンプルです。店舗を持たず、オンラインサイトで手続きを行うため、土地代や人件費がかからないのです!

必要経費を大きく削減することによって、安くて充実したサービスが提供できるのですね。

また、楽天銀行では住宅ローンを借りると、楽天ショッピングでのお買い物に特典がつくなどの独自のサービスも利用できます。

大手・地銀との違いは?

ネット銀行が安い理由はわかったけれど、でもまだ心配だわ。住宅ローンって難しいし、しっかりとサポートしてもらえる大手が安心のような気がするわ。

た、たしかに!

安心を買って大手銀行で借りるというのも、ひとつの考え方としては正しいのお。でも、最近では都市部に限っては店舗を構えてサポートを充実させるネット銀行もでてきておるぞ。

メガバンクと呼ばれる、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は全国に店舗を持ち、充実したバックアップ体制が強みです。

現在では店舗を持つネット銀行もでてきていますが、都市部に限られておりまだまだメールや電話での相談が主流です。電話回線が混雑していると、なかなか繋がらないということもあります。

住宅ローンの組み方をじっくり相談したいという方は、地方にも多くの店舗をもつメガバンクが安心かもしれません。

三菱UFJ銀行は、子会社としてじぶん銀行というネット銀行を運営しておるぞ。金利が安い上にメガバンクのサポートも受けられるという、一石二鳥の住宅ローンじゃ。

じぶん銀行って変わった名前ですね!

住宅ローンについてもっと勉強しないといけませんね!知らずに損して後悔はしたくないです。

借り入れ条件

用途 本人居住用の土地・住宅の購入(中古物件を含む)
物件 一戸建は、床面積が50㎡以上
マンションは、床面積が25㎡以上
契約者 満20歳以上満71歳未満で、最終ご返済時の年齢が満81歳未満
安定した収入のある方
連続した就業年数が2年以上の方
返済 返済用口座より自動引き落とし
年2回ボーナス返済が可能(借入額の50%まで)
期間 5年~35年以内(1年単位で設定可能)
金額 100万円以上1億円以下(10万円単位)
担保 保証会社を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定
保証人 当行指定の保証会社の保証
収入合算者は連帯保証人とする

住宅ローンの借入条件の代表的なものを一覧にしてみたぞ。細かな規定は各社違うが、一般的な条件はこんな感じじゃ。

安定した収入のある方…高級料亭の「時価」みたいな書き方で不安になりますね…

あまり心配しすぎなくても大丈夫じゃ。賃貸を借りるときやクレジットカードの審査と同じような感じじゃ。

審査に通るためには住宅ローンの返済額を、現在住んでいる家の家賃と同程度に抑えるのがコツじゃな。

※借入条件は各社プラン毎に異なります。借り入れの際は必ず公式情報を確認してください。

用途

  • 本人居住用の土地・住宅の購入(中古物件を含む)
  • 住宅ローンの借り入れの際にかかる諸費用
  • つなぎ融資

住宅ローンは、原則、契約者本人が居住するための物件を対象としています。

親族のための家であったり、賃貸として貸し出すことを目的としていると、審査に通りませんので注意してください(親・こどもの場合、可能な銀行もあります)。

また、プランによっては住宅ローンの借り入れ諸費用も含めて、借りることができます。ただし、金利が少し高くなるなどのデメリットもあるので、自己資金はある程度準備しておきましょう。

注文住宅の場合、分割払いとなる場合が多いです。このため、つなぎ融資が可能か確認しておく必要があります。つなぎ融資については別の記事で詳しく紹介します。

複数の住宅ローンを同時に組むことも禁止されておるぞ。2件目以降の家を購入する際は、1つ目の住宅ローンを返し切るか、セカンドハウスローンという特別な制度のあるプランで借りることになる。

家を2件も買うなんて贅沢なこと、僕には関係ない話ですね…

物件

  • 一戸建は、床面積が50㎡以上
  • マンションは、床面積が25㎡以上

一般的な住宅であれば、こちらは問題なくクリアしています。

小さな倉庫を建てるために高額のローンを組む、といったイレギュラーなケースを除外するために規定されているのでしょう。

契約者

  • 満20歳以上満71歳未満で、最終ご返済時の年齢が満81歳未満
  • 安定した収入のある方
  • 連続した就業年数が2年以上の方

住宅ローンの審査では、こちらの条件が最も重要となります。また、条件はできるだけ余裕をもってクリアしていることが理想です。

年齢については、一般的には定年退職する年齢までに返済が完了するように住宅ローンを組みます。

年収の3割程度までを目安に住宅ローンの借入額を決定します。年収420万円とすると、毎月10万円くらいまでとなります。もちろんこれは最高額ですので、ギリギリまで借りて家計が苦しくならないように調整していきます。

また、住宅ローンは長期間に渡る返済となるため、就業年数もチェックされます。すぐに仕事を辞めてしまう人は、収入が安定しない可能性があり審査にマイナスとなります。

余裕のある返済プランを立てるようにするのじゃ。10年もすれば出世して給料も上がるだろう、といった根拠のない憶測は厳禁じゃ。

僕はそんなに出世しないので大丈夫そうです。

これからは子どもの教育費も増えていくので、住宅費はできるだけ抑えたいわ。

返済

  • 返済用口座より自動引き落とし
  • 年2回ボーナス返済が可能(借入額の50%まで)

住宅ローンの返済口座を契約者が指定できる場合と、借り入れする銀行に口座を作る必要のあるケースがあります。

新しく口座を作る場合は、返済が滞らないように、給料の振込先を変更するなど対策が必要です。ATMがマイホームの近くにあるか?手数料はかかるのか?など、口座管理についても考えておきましょう。

ボーナス返済は最低限に抑えておくことをおすすめするぞ。景気動向や転職などで、ボーナスがなくなってしまう可能性もあるからじゃ。

ボーナスはお買い物に使いたいですしね!

担保・保証人

  • 保証会社を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定
  • 当行指定の保証会社の保証
  • 収入合算者は連帯保証人とする

万が一、なんらかの理由で住宅ローンの返済が不可能となってしまった場合、住宅を銀行に引き渡さなければならなくなります。

銀行は住宅を売却することで、返済不可能となったローンの充てにするわけです。

ただし、お金が足らなくなってしまったからといってすぐさま家を追い出されてしまうわけではありません。

住宅ローンを滞納してしまった場合、一時的に保証会社が返済の肩代わりをしてくれます。保証会社へ不足分を返済することになります。

住宅ローンの破産者は0.5~1%ほどと言われておる。100~200世帯に1件という割合じゃな。決して多くはないが、必ずしも他人事というわけではない数字じゃ。

とはいえ、破産が怖いからマイホームを諦めるというのは解決策になならんぞ。賃貸でも家賃は払わなければならないのじゃからな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする